丹波市について



地理

丹波市は、兵庫県の中央東部に位置し、北東では京都府、南東では篠山市、南西では多可町、南では西脇市、北西では朝来市と境を接しています。 阪神間からJRや自動車で約1時間30分から2時間圏域であり、「都会に近い田舎」ともいえるでしょう。
また、市内の南部地域は阪神都市圏との関わりが比較的強く、一方、北部地域は隣接する京都府等との関わりが比較的強くなっています。

地形は、本州の骨格のひとつを構成する中国山地の東端に位置し、粟鹿山(標高962m)をはじめ、急斜面をもった山々によって形作られた中山間地域となっています。その山々の接点を縫うようにして二大河川の源流が走っています。一つは瀬戸内海へ注ぐ加古川とその上流河川であり、もう一つは日本海へ注ぐ由良川の上流河川(黒井川、竹田川)となっています。また、市内にある「水分れ公園」は海抜95mに位置し、本州一低い中央分水界となっています。

 
 

気候全般

気候は瀬戸内海型、内陸型気候に属し、年間、昼夜間の寒暖差が激しく、秋から冬にかけて発生する丹波地域の山々をつつむ朝霧、夕霧は「丹波霧」と呼ばれ、豊かな自然環境に一層の深みと神秘性を醸しだしています。
 

 

 
 
4月には、丹波市の市の花「かたくり」や、菜の花、桜が見ごろを迎えます。5月には九尺フジが見事な花を咲かせるなど、この季節は市内の至るところで、美しく色づいた花々を見かけることができます。
 

 

 
 
氷上町成松では毎年8月23日・24日に、江戸中期、飢饉や天災、火事の頻発などを憂えた住民が、鎮火と五穀豊穣の願いから京都の愛宕神社の分社を成松に設けたのを由来とする、愛宕祭が開催されます。
1種類のみの材料で人や風景などを造る「成松の造り物」が特徴的なお祭りで、豪勢かつ絢爛な花火も打ち上がり夏の夜空を彩ります。
 

 

 
丹波市の市の木である「もみじ」が色づく季節です。
丹波紅葉三山と呼ばれる高源寺、石龕寺、円通寺をはじめ、市内には紅葉の名所が数多くあり、シーズン中観光客でにぎわいます。
また、丹波栗、丹波大納言小豆といった秋の味覚も味わえます。
 

 

 
 
雪の積もる田舎の幻想的な冬景色や、丹波ならではの雲海など美しい景色を見る事ができる季節です。
丹波の冬野菜がたっぷり入ったもみじ鍋も冬の味覚として人気です。夜間になると道が凍るのでスタッドレスタイヤは必須です。11月の終わりごろから用意をして3月ごろまで必要です。
雪は昔ほどたくさん積もりません。積雪は10~20cm程度の雪が年に数回。町内でも6町ごとに積雪の量は違います。青垣町はその他の町より多く30cmほど積もります。