外食産業を経て丹波へ移住。 有機農家ネットワークで美味しい食卓を届ける! 神楽Slow Kitchen代表 神崎恵子さん

 

神崎 恵子さん

神楽SlowKitchen代表 短大を卒業後外食産業でサービス業にたずさわる。その後、勤めた企画会社で「小さい漁村活性化プロジェクト」に関わる。
オーガニック食品の宅配事業をへて、有機農業の魅力にはまり、丹波市青垣町に移住。
地域の有機農業をしている農家さんたちの協力を得て、美味しく安全な野菜を届けたい…と有機野菜宅配事業「神楽SlowKitchen」を立ち上げた神崎恵子さんにお話しを伺いました。

神崎恵子さん

伊藤(以下、伊):神崎さんは現在有機野菜の宅配をされているわけですが、はじめから野菜好きだったんですか?
神崎(以下、神):いえいえ。そうではなく、もともと野菜嫌いだったんです。天然魚の流通をやっていたこともあり好物は魚。野菜はその付け合わせでしかなかったんです。
ところが、その当時に有機農業の野菜に出会い、そのおいしさに衝撃をうけました。
その後、オーガニック業界のことを知りどんどん有機農業にはまっていくことになりました。
伊:それがきっかけでオーガニック業界に入ったと。
神:そうですね。オーガニック食品の宅配事業の会社に転職しました。その時に農家さんたちとおつきあいしていくことになりますよね。でも私自身は都会育ちのために実際に畑でどうやって作られているかの実感がなく、もどかしさを感じていました。もっと農業のことを知って農家さんたちと対等に話せるようになりたい。自分も野菜を作ってみたい。そう思うようになっていきました。
伊:それで丹波市の青垣町に移り住んだのですか?
神:実はよくわからないまま丹波に引っ越したんですよ。(笑)
畑をしたくて移住を考えていたんですが、ロケーションに惹かれて青垣町の大稗を選びました。
伊:実際に丹波に移住してきてどうですか?
神:このあたりの地域は周りを見渡すと「空き家」だらけ。高齢者が多く、近くには買い物できるところもありません。まさに限界集落といった感じです。
ですがその分といっては何ですが、自然が多く、いい場所がたくさんあるんですよ。それに都会と違って人との付き合いの密度が濃く、あったかいです。
日々、土や野菜と向き合い、どうやったら美味しい野菜ができるか、それぞれ試行錯誤している農家さんのことが大好きになりました。
この地域に暮らして2年。その間に地域の人たちに教えてもらうこともたくさんありました。全然なにも知らないところから有機農業を始めて、助けていただく中で農家の皆さんとネットワークができました
神楽地域の風景、田んぼの中にところどころ家がある様子

神楽地域の風景、田んぼの中にところどころ家がある様子

伊:では神楽SlowKitchenの立ち上げに至ったのもそのあたりから?
神:農家の皆さんとつながったことで有機野菜を都会の人たちに安定してお届けできるようになりました。今では私たちの畑はお届けできる野菜のバリエーションを増やすため珍しい野菜にしぼって作っています。その他の一般的な野菜は近隣の農家さんたちをはじめ、丹波市内の農家さんたちから仕入れて出荷しています。まだまだ立ち上げたばかりですが、こういう活動がこの地域の農業の活性化のお役に立てればと思っています。
神楽SlowKitchenで宅配している野菜の一例。野菜は15種類程度のなかから7~8種類を選んでオーダーすることができる

神楽SlowKitchenで宅配している野菜の一例。野菜は15種類程度のなかから7~8種類を選んでオーダーすることができる

伊:これからのチャレンジとしては何をお考えですか?
神:神楽地域の「古きよきものを残していく」こともしていきたいと思っています。世の中はスピードが重要視される時代ですが、神楽地域の人たちが普通に営んでいる「ひと手間かけた家庭料理」を大切にしていきたいですね。
そのあたりも、神楽SlowKitchenで発信していきます。都会の人と神楽地域の人たちをつなぐ「台所」のような存在に神楽SlowKitchenがなれたらと思います。
今はまだ企画段階ですが農業体験もしてもらえるようにしていきたいです。
伊:では最後に移住を考えている方にひとこと!
神:私たちは、あまり下調べせずに移住しましたがホントは調べてからくるほうがいいですよ。冬とかホント寒いです。知っていれば驚かなくて済みますものね。
地元の人は身体が慣れてくるっていいますけれど。(笑)

 

 

神楽SlowKitchen
丹波市青垣町大稗480-1
Tel:0795-80-7760
Fax:0795-80-7761
URL http://shigura-slowkitchen.com
野菜宅配は
Sセット1,800円(送料別、税別)
Mセット2,500円(送料別、税別)
お申し込みはお電話、ファックス、ウェブサイトで受付しております。

 

interview / writing:伊藤由起