《初心者-経験者OK》小さい丹波の自立農学校(有機農業)

「田舎に移住して、自分の食べる分の野菜をつくりたい」

「無農薬で家庭菜園を始めたいけれど、どこから始めたらよいの?」

「有機農業に興味がある」

「農業の相談に気軽に乗ってもらえる繋がりが欲しい」

そんな移住検討中の方、多いのではないでしょうか?

IMG_4603

今回は、そんな方にはピッタリ!の活動をご紹介いたします♪

ご自身も移住者である太田夫妻が営む古民家カフェ「恐竜樂樂舎」を拠点とし、

「有機農業実習」+「座学」を年間通して開催する【丹波の自立農学校】です。

参加者の多くは、UIターンで丹波にきた方たちです。

IMG_4584

講師になるのは、有機農家の神川健太さん。

30代の若手農家兼イケメンなお兄さんです(。 ー`ωー´) キラン

一つ一つの質問に、優しく丁寧にお答えしてくださいます。

IMG_4609

実践の場となる畑は、古民家カフェ恐竜樂樂舎の太田さんが日頃管理しています。

自身も丹波市に移住されてきた経験から、横の繋がりのできる場をつくりたいと以前より考えていたようです。

( ↓ 写真真ん中水色のシャツが太田さん)

IMG_4632

続いては座学!

畑から徒歩5秒のところにあるカフェに移動。

IMG_4638

IMG_4685

受講生からは、

「自分の畑の土作りに何を入れたら良いか知りたい」

「植えたい野菜のタネ撒き時期が遅くなってしまったが大丈夫か?」

IMG_4621

「カタツムリが豆の葉にたくさんついてしまうのだが、対策はないか?」

「以前いただいたアドバイス通りにしたら、野菜がたくさんなった!」

IMG_4596

などなど、自分たちの畑での実践をベースに質問・現状共有がありました。

参加されている方は、経験者の方もたくさんおられますが、

初心者の方でも、わからないことを気軽に聞くことができますし、

一人一人にきちんとフィードバックがあります。


■  丹波の自立農学校3つの特色  ■

【1】有機農業を学べます:
  「農業を憧れの職業に」という志を抱いて活動する有機農業実践者・神川さんが講師です。

【2】公的なものではなく、民間の有志・手弁当で開催。

【3】時間や内容に制限はなく参加者、講師、場の提供者、全員が主体的に相互の学び合いでつくる学びの場です。


■ 自分でも実践しながら学びたい。

■ 農の学びのコミュニティと繋がりたい。

■ 農薬をつかわない農業をはじめたい。

という方は、ぜひ一度足をお運びください♪

↓ 次回イベントチラシはこちら! ↓

IMG_3722

IMG_3723


————————————
参加方法・お問い合わせ先
————————————

丹波の自立農業校
(古民家カフェ恐竜樂樂舎)

電話:0795-76-1535(9:00-17:00 | 休み:毎週水木・29〜31日)
住所:丹波市山南町草部185-2

受講費:500円
ワンドリンク・軽食:400円

移住相談ワンストップ丹波窓口へのお問い合わせ





お名前
フリガナ
メールアドレス
メールアドレス(確認)
電話番号
郵便番号
ご住所
年代 10代20代30代40代50代60代以上
性別 男性女性
題名
お問合せ内容

 
 
お問合せいただく前に、当サイトが定めるプライバシーポリシーをお読みください。
メッセージ送信をもちまして、自動的に同意したものとさせていただきます。