《毎月第1日曜》移住相談臨時窓口@婦木農場まるカフェ

marucafe

 

昨年大好評だった、移住相談臨時窓口@まるカフェが、今年も4月からオープン!

 

「古民家を改修して暮らしてみたい」

「丹波で自分のお店を始めたい!」

「丹波で子供をのびのび育てたい」

「自然の多い丹波で暮らしたい」

 

と思っても、一体どこから始めたらいいのやら・・・

 

そんな方に、オススメなイベントです。

 

「なぜ?」丹波に移住したいのか、「どんな?」暮らしがしたいのか、
移住のイメージを具体的にするためには「誰に?」会ったらよいのか。
そんな疑問を頭で考えるだけでなく、
丹波市の移住相談員と一緒に足を動かしてイメージを具体的にしていきましょう!
「百聞は一見に如かず」、お申し込みお待ちしております!

 

Q. 移住相談員ってどんな人?

相談員は、丹波市から「移住相談ワンストップ丹波」を運営受託されている(株)みんなの家の相談員と、
市内の空き家等物件情報を担当している丹波市地域おこし協力隊メンバーです。

詳しくはこちら【相談員紹介】

 

 

=================== イベント概要  ===================

 

たんば移住妄想計画「移住相談臨時窓口」@婦木農場まるカフェ

【日時】 2017年4月〜11月間の毎月第1日曜開催 11時〜14時

【期間】 4/2.  5/7.  6/4.  7/2.  8/6.  9/3.  10/1.  11/5

【場所】 婦木農場 農家体感施設○まる

【対象】 丹波市内へIターン移住、Uターンを考えている方

【費用】 無料

【参加方法】
◆ 飛び入り参加OK
◆ 予約可【限定1組】
※ ご予約いただいた方優先でご相談に乗らせていただきます。
※ 飛び入り参加の場合、市内巡りのご要望に添えない場合があります。

 

【ご予約先】移住相談ワンストップ丹波

◆ 電話  090-2705-4110(よいいじゅう)
◆ メール onestop@minna-no-ie.jp
※当日の相談をより充実したものとするため、
「ご氏名」「年齢」「住所」「動機」を上記いずれかの方法でご連絡ください。

 

【1日の流れ(あくまで例です。個人のニーズに合わせて柔軟に組みます)】

◆ 〜前半〜 丹波移住計画を練る ◆
「古民家を購入してリノベーションして暮らしたい」「丹波で農業がしたい」
でも、どんな作物を育てるの?どんな古民家に住みたいの?なぜそれがしたいの?
そんなことをゆっくり考え整理することが、「良い移住の秘訣」です。
丹波市の移住相談窓口相談員と自分の「なぜ?」を整理して、「たんば移住計画」を妄想してみませんか?
※ 地産地消の丹波の旬を味わえる婦木農場の美味しい
「おうちごはんバイキング」やカフェメニューは、別途支払いでお楽しみいただけます。

◆ 〜後半〜 お昼後は丹波市内のゲンバに出発!◆
お昼で話した「たんば移住計画」を通して浮かんできた、
「こんな人に会いたい」「こんな物件をみたい」
「古民家改修のゲンバをみたい」をその日のうちに実現します。
丹波に暮らす人と実際に人と出会って話したり、体を動かしたりすることで、
より実現可能な「移住のイメージ」を一緒につくるお手伝いをいたします。
※  ご案内できるのは、その都合のつく先方に限ります。

 

cafe_img0706_lunchviking

丹波農家の普段ごはん。江戸時代から続く婦木家の母の手料理が並びます♪ ※ 写真は2014年7月のもの。メニューは旬に合わせて変わります。