| 小学校給食レポート!| 市内有機農家さんの出前授業

「自然の中で田舎子育てがしたい!」という、

お父さん、お母さんが気になることの一つにあるのが学校教育。

そして、学校教育の中でも「給食」は大切な食の知識を育む大切な時間。

「丹波市は野菜が豊富だし何より美味しいと聞くけれど、給食はどうですか?」

そんな声も、ちらほらお聞きします。

 

ということで!さっそく、春日町にある船城小学校を覗いて来ました!

 

IMG_9571
photo |  国道175号線、通称「いなご」から見る船城小学校。

 

本日、船城小学校はオープンスクール(授業参観)。

児童の保護者や地元の方、来年入学予定の子のお父さん、

お母さんが、子どもたちの普段の学校生活を見にいける日です。

 

IMG_9544

 

この日は、1月26・27日のいずれかに提供される「有機・無農薬給食」について、

有機の里づくり促進協議会会長であり、自身も有機農家である小橋季敏さんが、

5〜6年生向けに「有機野菜について」のお話をされていました。

 

IMG_9518
photo | 「給食好きな人?」の質問に元気よく手をあげる児童たち。
「かぜをひいた時にお薬を使う人もいれば、使わずに治す人もいる。
使わずに治そうというのが有機農業」と、噛み砕いて児童に教える小橋さん。

 

「有機・無農薬給食」のきっかけをつくったのは、

大阪から2年半前にIターン移住をして来たお母さん。

「全国無農薬給食の会」丹波支部を立ち上げ、仲間を募ったところ、

思いに賛同する有機農家やお母さん、50名ほどが会合に集まったのだとか。

 

IMG_9521

 

プロジェクトが動き始めたのは前年の3月。

学校給食課とメニューを話し合い、メニューが決定!

・・・・しかし、ここで問題が発生。

なんと、1月頃に向けて「秋じゃが」をつくっている農家さんが市内に少ないことが判明。

市内の学校給食をまかなうのに必要なじゃがいもは、300キロ。

小橋さんをはじめ、市内の有機農家さんで団結して作ったそうです。

 

16300341_1220032368092620_2592845303896857077_oのコピー
photo | 【有機・無農薬農給食】献立のうち有機・無農薬農産物が使われるのは
黒豆ご飯とおでん、白菜のかつお和え。献立に合わせ、米、白菜、ニンジンなど
7品目を市内有機農家が栽培。 ※ 調味料などは従来通りのものを使用する。
「将来は、調味料も含めた『フルオーガニック給食』を目標にしたい」と小橋さん。

 

そんなこんなで丹波市内の有機農家さんと行政が連携して、

ようやく実現したのが、この「有機・無農薬給食」。

今回は1日だけでしたが、続けていきたいというのが小橋さんの思いです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

この日、給食の時間に開催されていたのは、

船城小学校のPTAが主催した「給食試食会」。

 

16389322_10210625740853390_620943307_o
photo | ボーダーの服を来たのが、栄養職員の浅葉先生。浅葉先生は、
「丹波市は食材が豊富で羨ましいと思う」、「ひかみ牛乳など、地元の牛乳屋さんの
牛乳が飲めるもの魅力」と話してくださりました。

 

豆をたくさん使った「まめまめ献立」や、

「よく噛む」ことを目標に立てる「カムカム献立」など、

献立一つにも、さまざまな狙いがあることがわかります。

アレルギーのある児童には、個々で異なりますが、

「除去食(調味料は対象外)」や、「代替食」で対応しているようです。

 

16409600_10210625740373378_572955669_o
photo | 児童たちと給食センターのスタッフさんたちとの「交換日記」。
「夏野菜のかき揚げ」がとっても美味しそうで気になります・・・・!

 

小学校のオープンスクール(授業参観)の日程は、各小学校によってことなります。

移住を検討するにあたり、「この小学校の様子を見にいきたい!」という方は、

ぜひオープンスクールを覗きに行って見てください♪

 

◆ 各小学校情報(オープンスクール情報など) → コチラ
◆ 教育施設(こども園小中高)マップ → コチラ

 

——————————————–船城小学校の1月風景 ————————————————–

IMG_9534IMG_9566IMG_9532 IMG_9552IMG_9543IMG_9531