《起業のはじめの第一歩》丹波ハピネスマーケット

TAMBA HAPPiNESS MARKETは、毎月第2土曜日に開催される定期市。
オーガニックやこだわり食材、手仕事の品などを集めたマーケット。

丹波でチャレンジする人たちを応援するプロジェクトでもあり、
こだわりのある農家さんや素敵な雑貨の店主、
季節ごとに変わる美味しいアイデア料理とも出会える場です。

 

毎月第2土曜日に開催される「丹波ハピネスマーケット」は、オーガニックやこだわり食材、手仕事の品などを集めたマーケット。丹波からチャレンジする若者を応援するプロジェクトでもあり、素敵な品と店主にも出会える場

 

そんなHAPPiNESS MARKETには、市内外から毎回2000人ほどが集い様々な出会いがあります。
地域の生産者さん、美味しい料理屋さん、素敵な雑貨の店主と出会えたり、
どうやら出店者同士での出会いから、結婚に至るカップルもいるようですよ(ノ゚ω゚)ノ*.オオォォォ!

さぁ、そのHAPPiNESS MARKETだからこそオススメできるのが、
《丹波市での起業の第一歩としての出店》!

 

家族連れの参加者が多いのも丹波ハピネスマーケットの特徴 IMG_9411

 

「自分のお店を丹波市でつくりたい!」
「住居兼店舗で新しいライフスタイルを始めたい!」

といっても、

「この地域にはどんな人が暮らしているの?」
「自分の料理・商品の適切な価格帯ってどこだろう?」
「本当にやっていけるかな?」
といった悩みごとは必ずでてきます。

特に市外からの移住起業を考えている方が、
まず把握しておきたいがの商品や料理を届けたい人たちのニーズでしょう。

 

IMG_9846 スクリーンショット 2017-03-14 18.30.26
※ごく稀にテレビ局の取材などが入ったりします。

 

そんな時に効果的なのが、

HAPPiNESS MARKETでのスモールスタート!

出店料3,000円(1ブース)移動販売車4,500円+電気使用量で出店が可能です。
(※ 出店可能店舗数には限りがあるため毎回選考があります。出店要項はコチラ

いきなりドカンッ!と店舗や空き家を買うよりも、
まずは小さなトライで地域のニーズを探ってみるのも良し。
すでにお店を出している人は、新しいメニュー開発を試してみる場として、
試作品の反応やお客さんのニーズを探る場として活用しても良し。

 

IMG_2041のコピー IMG_3561
※毎回新しい味、おしゃれが生まれてます!人気商品は実はお客さんが磨きをかけてくれたりします。

 

実際に、ハピネスマーケットでの出店をきっかけに、
市内にお店を構えた人気店もあるようです!
励みになりますね(ノ´▽`)ノオオオオッ♪

 

スクリーンショット 2017-03-14 18.25.09

 

HAPPiNESS MARKETは毎回、丹波市柏原町に暮らす有志の実行委員メンバーと、
近頃流行りのUIターン移住者が多く関わっているハピネス事務局メンバーが毎回楽しく開催しています♪
事務局ではボランティアも随時募集しているようなので、
ご興味ある方は随時facebookをチェックしてみてくださ〜い。

 

想い想いの工夫を凝らした、手づくりの店舗。 IMG_9430
※ハピネス事務局は当日朝の受付や会場準備、開催中の情報発信などで会場を走り回ります!

《 ハピネスマーケットの歩み》
発端は2012年。「柏原のまちを元気にしたい!」と集った柏原町に暮らす有志から始まりました。
歴史ある美しい町並みがあるにも関わらず、人の行き来の少なくなってしまった「まち」に
新たに活力を与えるのは、魅力あるお店はもちろん、
「新しいチャレンジのできる舞台」と「人が気軽に集える場所と時間」。
そしてなにより、「丹波に暮らす人が暮らしを豊かに楽しめる場所」。
今では毎月2000人ほどのお客さんが、ハピネスマーケットに足を運びます。

 

《 大公開!ハピネスマーケットってこんなマーケット!》

スクリーンショット 2017-03-14 18.26.24
↓詳細はこちら↓
出店要項: http://happinessmarket.jp/image/guideline.pdf

 

—————————– 丹波ハピネスマーケット —————————–

毎月第二土曜10:00~15:00開催
URL    http://happinessmarket.jp
Facebook https://www.facebook.com/TambaHappiness
“TAMBA.HAPPINESS.MARKET”で、Instagramもやってます!

—————————————————————————————–