【終了】《2月参加者募集》家づくりの職人に習う空き家リノベーション

TWメタテンプレ


空き家バンク
で見つけた古民家、古い良さを残してリノベしたい。
移住を見越して、しばらく丹波市に週末通いをしながらリノベしたい。
こつこつDIYで、私の好みの住まいを手づくりしてみたい。
家族が増えた。思い切って、間取りを変えよう。

 

でも一体どこから?なにからはじめよう?

 

住まいるバンクに寄せられる、そんなご相談にもお応えできる、
空き家リノベーション体験始めます!

 

しかも、ただの「楽しい体験」ではないのです。
地域の「家づくりの職人に習いながら」リノベします!

 

丹波市内には設計のプロはもちろん、左官屋さん、照明屋さん、
さまざまな職人さんたちが暮らしています。
空き家リノベーションのノウハウも学びながら、
地元の職人さんたちとのネットワークもつくれてしまう、
地域の雰囲気も分かるし、一石二鳥のプログラム。

 

しかしながら、なんとも超短期間で仕上げる予定のため、
ご興味ある方、すみません。「今」しかありません。
市内2箇所で継続中の工事も、いよいよラストスパート。
私たちと一緒にリノベーション体験をしてくれる参加者募集します!

↓ ↓ ↓ ↓ ※ 募集内容はページの下の方 ↓ ↓ ↓ ↓

 

——————————————————————————————————————————————————
空き家リノベーションの現場日記
——————————————————————————————————————————————————

◆ 1月下旬のとある日@春日町中山の家

こんにちは、住まいるバンク担当の中川ミミです。
1月の雪のある日。丹波市内某所にある2軒の空き家では、改修工事が進められていました。
ここは「丹波市定住促進住宅整備ビフォーアフター」の現場。私は以前から住まいのリノベーションに興味があり、丹波移住後も空き家を購入しマイホームを自分好みに作り上げていくことを夢見ていますが、今回、かねてから相談を持ちかけていた棟梁に許しを得て、現場作業に参加させてもらうことになりました。

testday (14) testday (8)

作業の前には自己紹介とオリエンテーション。
丹波地域で工務店を営む棟梁のほか、作業を請け負う「職人さん」がお二人。参加者側には、私と仲間と移住希望の若者一人。それぞれまったく違った背景を持つ老若男女6人は、ニックネームをマジックで書いたガムテープを張りながら、今日ここに集まった想いを語りました。地域の高齢化を憂うひと、在来工法の技を伝承したいひと、がんばる人をつなげて地域に貢献しているひと、丹波をもっと知りたいひと・・・まとめは棟梁が淹れてくれたホットコーヒーで乾杯。1日がスタートしました。

testday (23) testday (25)

この日、私たちがもらった仕事は、壁塗りの準備。
長らく空き家として住まう人がいなかった家は、ホコリとくもの巣だらけ。「大工仕事は、下準備が一番大事」との教えのもと、支持を受けながら、丁寧に掃除します。木造の家に住んだことがなければ、鴨居(ふすまと屋根の間の壁の部分)や土壁の掃除の仕方なんて見当もつかないのだろうと想像しながら、黙々と作業。楽しい中にも安全管理はきちんと。高所作業では、足場の安定を確認しヘルメットも着用します。

testday (39) testday (2)

一通り指示を終えた棟梁は、自分の持ち場へ。
この家は、丹波地域に移住し定着していきたいと願う人のための「定住促進住宅」として使われるもの。私は、移住者が増えるだけで地域の課題が解決するわけではないけれど、そこに住む人々が前向きになるきっかけになる様子を何度も目の当たりにしてきた。丹波でも、東北被災地でも、海外の貧困地域でも。棟梁は、この事業に多くの人が関わることをとても喜んでくれていて、自分に責任がかかる現場に私たち「素人」を快く迎え入れてくれた。信じて仕事も任せてくれた。熱い想いとやさしさが伝わってくるような背中を見ると、その期待に応えたくて気持ちがしゃきっとする。普段はデスクでパソコンと向き合って働いているときとも違う、現場感というのか、この緊張感は独特なものがあります。

testday (48) testday (7)

作業はメリハリをもって。
お昼休みのほかに、午前と午後には休憩時間もとる。切のいいタイミングを見計らって、棟梁が声をかけてくれる。自己紹介で聞けなかった話とか、たわいのない話とか。そうこうしてると、地域の人がふらっと、様子を見に来たりして。この家が、いつかこの家に住む人にとっても、地域の中で自然に人々とつながれるような場所になれるような気がした1日でした。

 

—————————————————————— 募 集 内 容 —————————————————————


◆ 作業内容

丹波市内、中山地区と白毫寺(びゃくごうじ)地区にある古い日本家屋のリノベーション作業の補佐。
準備としての掃除と片付け、床板の撤去、基礎補強作業、壁の補修と仕上げ、各種内装作業と家具の配置など。
それぞれ現場の責任者「棟梁」の指示監督のもと、筆者の引率で作業します。
建築の知識や経験が無くても問題なし!


◆ 現場となる2軒の空き家
・丹波市市島町「白毫寺の家」→→ Before写真
・丹波市春日町「中山の家」 →→ Before写真


◆ 2月スケジュール

日付 内容 人数 備考
2日(木) 中山:基礎部分の補強作業 1~3
3日(金) 中山:基礎部分の補強作業 1~3 2日の予備日
5日(日) 白毫寺:壁の補修と仕上げ 2~5
12日(日) 白毫寺:壁の補修と仕上げ 2~5 5日の予備日
17~20日(週末) 中山:壁の補修と仕上げ 1~3 具体日程は未定


◆ 対象:
市内外を問わず、空き家のリノベーション作業に興味のある方(移住検討中でなくてもOK)
◆ 参加費:  無料(ただし、旅費や食費など個人で必要な実費は参加者負担)
◆ 応募詳細: 当日スケジュールや持ち物など詳細は募集要項をご確認ください。
◆ お申し込み:以下内容をメール(renointamba@gmail.com)にてご連絡ください。先着順に受付いたします。

  • お名前(よみがな)
  • 生年月日
  • 電話番号
  • 緊急連絡先(お名前、続柄、携帯番号)
  • 参加希望の日程
  • その他、ご質問などあれば

◆ お問い合わせ先: 地域おこし協力隊・中川ミミ 090-6732-1776