【終了】6/25 都市部と丹波で交流&解決!たんば交流実践リーダー育成講座第1回

セミナーのイメージ画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

丹波市には豊かな自然と、人に注目されるだけの良質な食、資源がありますが、長く丹波に住んでいる人からは気づかれにくいもの。

「何もない地域やから、人が来てくれない」

「どうしたら、人が来てくれるんだろう」

「もっと若い人に興味を持ってもらいたいんだけど」

このような悩みを、地元の人は抱えがちになっています。

 

地元の人だからわかる視点、外から見たからこそ見える良さ、世代間で語り合うからこそ生まれる気付きがあるはずです。そこで、丹波市内の人と、都市部の人材、外から来た若い人が一緒に地域の交流活動について学ぶ講座が開かれます。

 

それが、「たんば交流実践リーダー育成講座」。

講座と言っても、講義を聞くだけではなく、共に語り合いながら様々な課題の解決策を探る参加型、ディスカッション形式です。あなたの持っている視点が、相手にとっては目からうろこの解決策になることも。

今までにない新しい視点を持って、交流事業を運営できるような人材が育成できたなら、丹波はもっと元気になっていきます。ぜひ、丹波に思うこと、丹波でできそうなことを発信しに来てください。

 

第1回のテーマは、実践講座「ITの活用と効果的な情報発信」。

インターネットやITが地域づくりにとって便利なものだとは知っていても、どうすれば有効に活用できるだろうか?そのような課題を抱えている地域の人たちと一緒に、解決策をワークショップ形式で学びましょう。

 

また、前半の講義の後、参加者を代表しまして5つの団体から現在抱えている課題を発表していただきます。発表していただける団体も募集していますので、ご一緒にお申し込みください。

 

第1回の内容

  • 地域における課題とは何か

・オリエンテーションとミニ講座「都市農村交流の課題と情報発信」

講師:小橋昭彦(丹波の森研究所研究員/総務省地域情報化アドバイザー)

・課題プレゼンテーション

5つの団体から、現在抱えている課題を紹介。

  • 課題解決策を考える

・テーブルトーク(ワークショップ)

ゲストや協力団体メンバーを交え、小集団に分かれて、解決方法を提案。

・解決策の発表とディスカッション

生まれた解決策を、ほかの地域でも応用できるよう、議論を深めます。

 

 

Information

日時:6月25日(土)13:30~17:00(受付13時)

場所:たんば黎明館(丹波市柏原町柏原688-3)2階

ゲスト:神戸市近隣、IT関連の職場で働く人たち(地域ICT推進協議会メンバー等)

協力:Code for Sasayama + Tamba

オープンデータ@丹波実行委員会、㈱田舎の窓(篠山市)、㈱ご近所(丹波市)メンバーなど、ITを通した地域活性に関心を持つ丹波地域の若者たち

お申し込み方法:こちらのPDFを印刷して必要事項をご記入のうえ、FAXにてご送付ください。

FAX:0795-73-0933

お問い合わせTel:0795-73-0933 (兵庫丹波の森協会 門上)