イベント情報

自主イベント

11日:多国籍ファミリーの田舎暮らし

他では聞けない!?田舎暮らしを実践している「多国籍ファミリー」を囲む会

「田舎暮らし」という人生の選択肢は、多くの人にとって一般的なものになりました。しかしその一方で、外国籍の人や日本語を母国語としない人、海外での暮らしが長い人、そしてそういった背景の人と一緒に暮らすご家族が日本の田舎で暮らすという視点で、地方への移住が語られることはあまり見聞きしません。

そんななか丹波市の移住相談窓口では、以前から英語で相談対応ができたり海外経験が豊富な相談員がいたことから、様々な相談対応を行ってきました。さらに相談員の中川も外国籍の夫と一緒に東京から丹波市に移住した経験の持ち主。そこで、これまでの相談対応の経験も踏まえ、外国人だからこそ多国籍ファミリーだからこそ感じる田舎暮らしへの不安を語りあい解消すべく、先輩移住者からお話を聞く交流会を企画しました!

 

【日時】 2021年2月11日(木祝) 19:00~20:30

 

【場所】 オンライン

※誰でもワンクリック無料で利用可能!オンライン会議アプリ「Zoom」を使います。

 

【イベントスケジュール】

18:40 受付開始、参加者のzoomセッティング
19:00 イベント開始、挨拶、自己紹介
19:20 ゲスト紹介、中川との対談形式によるトークセッション
20:00 Q&A
20:30 終了

 

【内容】

多国籍ファミリーであり先輩移住者でもあるイラズムスご夫妻をゲストに迎え、丹波市への移住とその後の暮らしについて実体験をお話いただきます。そのうえで、参加者からの質問に答えたり、多国籍ファミリーならではの移住に対する不安や注意点、移住後によくある事柄について語り合う時間を持ちます。

 

【ゲストとコーディネーター紹介】

ゲスト:ジェイムス・イラズムス、イラズムス千尋夫妻
イギリス出身の旦那様と兵庫県伊丹市出身の奥様。2006年から丹波市春日町丹波在住で、2人のお子様と暮らしながら、ジェイムスさんは陶芸作家、千尋さんは丹波布作家として活動している。
ジェイムスさんの活動について:James Erasmus
千尋さんの活動について:Sankara

コーディネーター:中川ミミ
エチオピア生まれ丹波市育ち。海外生活を経て2015年にアメリカ人の夫とともに丹波市にUターン。1児の母兼たんば”移充”テラスの移住相談員。市内でカフェを営む夫とともにシェアハウスも経営している。

 

【お申込み】

たんば”移充”テラスまでお申し込みください。

メール iju@be-tamba.com
電    話 090-2705-4110

 

【その他】

※日本語が得意でない方にも安心して参加してもらうため、当日は優しい日本語でお話します。加えて、必要に応じて英語でサポートをしたり、場合によってはブレイクアウトルーム分かれて意見交換の場をもつことも検討します。

※完全オンライン開催のため、参加に必要なアクセス方法など詳細については、お申し込みいただいた方へイベントの数日前までにメール等でご案内いたします。ライブ配信イベントではないため、こちらからお送りする事前のご案内を受け取っておられない方は当日ご参加いただけませんので、ご注意ください。

Facebookイベントページはこちらからどうぞ

 

event report

イベントレポート


開催されたイベントの様子を、参加した相談員の視点でレポート!
興味の湧くイベントが見つかったら、チェックしていこう。