| 開催レポート | 丹波移住相談おうち茶会第一弾 – 子育て編 –

12月18日(日)に、移住相談おうち茶会の第一弾として、

丹波の子育てを知る。丹波移住相談おうち茶会」が開催されました!

市外からは移住検討中親子5組(うち1組の方は北海道からgoogle hangout参加)と、

すでに市内に移住をしてきた子育て真っ最中の方3組が集まりました 。

 

全体

 

会場になったのは、氷上町の実家を暮らしやすく改修した吉田家。

土間にある暖炉のおかげで、ぽかぽか暖かいです。

茶会の前半は、参加者・スタッフ同士の自己紹介。

そして、後半は事前にいただいた質問への回答タイムへ !

 

たかみさん

 

この日は、丹波市学校教育課の梅田次長、子育て支援課の足立課長、

地域コミュニティ活動推進員の経験あり+カウンセラーでもある八尾さん、

Tプラス・ファミリーサポートのスタッフの方、そして会場の主であり、

自然の中でのおさんぽサークル・くりぼう会の立ち上げメンバーである吉田たかみさんが、

丹波での子育てにおける悩みや不安点の解消をお手伝いしてくれました↓

(谷口進一市長も様子を見にきてくださいましたよ〜^^)

 

 
———————————-  ◆ 主な質問  ◆  ————————-——————-

 

Q1. 学校から遠い場合、通学が心配です。毎日送迎などが必要ですか?
A. こども園・保育所(園):バスがでています。
A. 小学校・幼稚園:基本的に徒歩での集団登下校です。H29年後より開校する青垣小学校は、
統廃合により校区が広域になったためスクールバス通学のエリアもあります。
A. 中学:徒歩や自転車通学です。
A. 高校:自転車通学や電車と併用した自転車通学の学生が多いです。
親が送り迎えをしている家庭もあります。

 

Q2. 親のPTA等の学校行事への参加はどの程度ありますか?
A. 学校と連携した事業、PTA独自の事業など学校により異なります。
役員に選出されると会議への出席もありますが、親同士のつながりができる
機会にもなります。

 

Q3. 来春(平成29年)、小学校の統廃合があるようですが今後他の学校もありますか?
A. H29.4月に青垣地域で4つの小学校が統合し、青垣小学校が開校します。
この他には具体的な統廃合の計画はありませんが、地域の中でこれからの
教育環境を考える会議を開催していただいているところもあります。

 

Q4. 保育所の受け入れ体制をしりたいです。
A. 新年度の申し込み時は、「待機児童0」です。ですが、途中からの入所(園)になると、
定員がいっぱいになってしまい、希望される所(園)への受け入れができない可能性も
でてきます。入所・入園に関しては、前年の11月頃より申し込みが始まりますので、
早めのご相談をお願いします。→  |  ご相談は「子育て支援課 |0795-70-0813 」へ。|

 

Q5. 学校給食の食材について知りたいです。
A . 学校給食で使用する食材は、可能な限り市内の食材を取り入れています。
牛乳は、丹波市氷上町にある地元企業の丹波乳業の牛乳を取り入れています。

 

Q6. 自然の中で子育てができる工夫はありますか?(※あくまで一意見としてご参考ください)
A. ※「自然の中での子育てができている」という感覚は親それぞれ異なりますが、
親が積極的に自然入っていくことを促したり、そういった活動に参加していたらあります。
逆に言うと積極的に促さなければ、自然が豊かな丹波市内であっても、
室内でゲームや動画て時間を過ごすという子もいます。
理由の一つに、子ども自身が「川に行きたい、山に行きたい」と思っていても、
手頃に遊べる自然環境が近くにない地域だと、親の送り迎えが必要になり、
親に時間がない場合そういったことができなくなってしまうという状況もあります。
周りに遊び回れる田畑があれば、放課後は田畑を走り回って友達と遊ぶという子どもたちは多いです。


=============  主な自然を取り入れた子育て関連団体 ==========================

・里山ようちえん「ふえっこ」
定員:8組
対象:0〜4歳
活動場所:山南町笛路村
内容:里山の環境を活かした保育
https://teiju.info/visit/fueji_fuekko_for_kids/ 

・くりぼう会
対象:未就学児
内容:お散歩サークル
http://t-kodomo.jp/6475

・大路あそびの学校
 対象:幼児(3歳)~小学校6年生(保護者同伴可) 3,4才については保護者同伴でお願いします。
場所:大路こどもの森とその周辺(丹波市春日町大路地区)
内容:野外活動を中心とした遊び
実施日:毎月第3日曜(9:30~14:00)を原則とする。
費用:年会費3,000円(保険料込)+各回参加費500円程度
http://oji.shiftup.jp/?p=283

===============================================================

 

参加者からは、「教育委員会や役所の方々も参加していただいてとても勉強になりました」や、

「今回参加していたスタッフの方が優しくて移住に向けての安心感が高まった」などの感想をいただきました〜

 

◆ 移住に向けての子育て情報収集先参考 ◆

すくすくポケット

http://t-kodomo.jp/
丹波市内の子育てに関する医療、サークル活動、一時預かり施設など基本情報をはじめ、
子どもと一緒にいくのにおすすめなお店など、地域に暮らすお母さんだからこそ分かる、
役立つ子育て情報が集約されたwebサイト。

子育て支援課
・未就学児に関する相談全般:主に保育所(園)・幼稚園の入所手続き、
PTA活動支援、子育て学習センターに関すること。

学校教育課
・教職員の人事、学級編成、学校園の運営、指導、職員研修

 

◆ 丹波市内子育て施設・小中高等学校位置MAP(平成28年度5月時点)
※ 下記のMAPより、現在移住検討をされている+検討中の住まい所在地が大体分かる方は、
下記のマップからお子様の通われる可能性のある子育て・教育施設を確認できます。

スクリーンショット 2016-12-27 15.19.59
> 拡大はこちらから >>  H28.5月_丹波市内子育て施設・小中高等学校位置MAP